2015年08月07日

原水禁世界大会に参加してきました

原水禁世界大会に参加してきました。昨年は都合で参加できず二年ぶりです。
好核勢力の壁が崩れ、その先に光が・・・     
私が生まれる11年前にあった広島・長崎の被爆、その被爆を自らのこととして感じ、原水爆禁止世界大会にはじめて参加したのは1982年のことでした。以来30年余り、好核勢力に抗しての原水禁運動の力強い前進と核廃絶への大きな展望を体感してきました。今年で21回目の参加となりましたが、私がお世話役(事務局)を務めたバスでは、なんと7割近くが初めての参加者。運動の広がりと確実に若い世代に継がれていることも感じた今年の大会です。
30年前、私が原水禁運動にかかわり始めたとき激励くださった故・副島まちさん(県被団協理事長など歴任)の被爆地(ご自宅跡、爆心地から2.5km)を訪ねました。被爆した少女たちの写真で知られる『御幸橋』の近くです。
被爆当日、副島さんご家族が一夜を明かした向かいの修道中学校では、人工芝が張られたグラウンドで生徒たちが球技に歓声を上げていました。その歓声が永久(とわ)に続くことを願い、そのためにも核戦争の加害国になりかねない「戦争法阻止を」との思いを胸に、その地を後にしました。
世界大会は「広島からのよびかけ」で、核兵器を「正当化」する「抑止力論」を打ち破る力は、一人ひとりの市民が声をあげること―と強調しています。自分だけの胸の内に留めず、どんな小さなことでも声に出し、行動に移しましょう。好核勢力の壁が崩れはじめ、その先に光が見え始めています。

posted by 平野 at 22:00| Comment(0) | 活動

2015年07月26日

あすからの参院審議控え、芦屋連絡会で戦争法反対の宣伝行動

 衆院での強行採決を経て、いよいよ明日から戦争法が参院での審議開始を控えて、「戦争する国づくりストップ!芦屋連絡会」の宣伝行動が、JR芦屋駅北コープデイズ西口前で行われ、参加しました。連絡会として用意した150枚のビラは終了予定時間前にはほぼなくなり、参加団体独自のビラもいれると200人ほどの市民がビラを受け取ってくれたのではないかと思います。好反応ですと言うのも変ですが、やはり多くの市民が安倍政権に不安や危機感を抱き始めている反映だと感じます。署名も取り組まれ、ビラを受け取った通りかかりの母子が、しばらくスピーカーの訴えに耳を傾けた後、戻ってきて「署名はしているんですか?」と尋ねてくる姿も見られました。
posted by 平野 at 19:01| Comment(1) | 活動

2015年07月15日

衆院での戦争法案強行採決に怒りの抗議宣伝

 今日は日本共産党の創立93周年記念日で、街頭演説を予定していたところ、衆院安保特別委員会で戦争法案の強行採決が昼過ぎに行われ、抗議の宣伝行動となりました。私に続いて、国会から急きょかけつけた堀内照文議員がマイクを握り、安倍政権と自民公明与党の暴挙を糾弾、衆院本会議でのたたかいと共に参院での廃案を訴えました。
IMG_7404.JPG
JR芦屋駅前で堀内照文衆院議員と街頭演説
posted by 平野 at 20:00| Comment(0) | 活動

2015年04月25日

ついに芦屋市議選最終日、平野貞雄は最後まで政策を訴えます。

芦屋市議選の最終日を迎えました。選挙戦中の街頭演説は150回を越えます。街頭演説ができる今日の夜八時まで、最後の最後まで政策を訴えてがんばります。今日はそのあと、阪神芦屋駅前でお勤め帰りのみなさんに最後のごあいさつです。
いよいよ明日は投票日。みなさんとごいっしょに勝利をつかみとるまで、今日一日全力でがんばります。
政策は→党ブログ右側のカテゴリ「政策」をご覧ください。

今日は堀内てるふみ衆院議員の応援をうけて、コープ浜芦屋店前(呉川町)で街頭演説。そのあと、呉川町を歩いて支持を訴えました。
DVC00051.JPG
堀内てるふみ衆院議員の応援をうけて(呉川町・コープ浜芦屋店前)
posted by 平野 at 07:00| Comment(0) | 活動

2015年04月23日

いよいよ選挙戦後半、最後まで政策を訴えてがんばります

昨日の個人演説会は、いずれの会場でも力強い激励をいただきました。いよいよ、選挙戦も後半です。この間いただいたご期待の声を胸に、最後まで政策を訴えてがんばります。

s-個人演説会.jpg
竹園集会所での演説会では、梶本修史県平和友好団体日本共産党後援会代表(県原水協事務局長)からすいせんの訴えをしていただきました


s-DVC00024.jpg
大原集会所の演説会では、喜田ゆい党県会議員からの応援の訴えをしていただきました
posted by 平野 at 05:00| Comment(0) | 活動

2015年04月22日

三日間で67回の街頭演説にうれしい反応が次々と

一昨日からの朝の駅頭宣伝は、五時半出発でいずれも一番に到着(本日は2番目でした)。昨日は私の10分後にはA候補、さらに10分後にはI候補到着で、最終的には一つの駅前に7候補がそろいました。市内の4つの駅に市議候補32、市長候補3の計35人が集中するのですから、宣伝場所の確保も大変です。
市議選初日20回、二日目24回、昨日23回と街頭演説を続けていますが、各所でうれしい反応が続いています。駅頭では、握手で支援をアピールして下さる方も増えてきました。昨日は街頭演説の前に止まった白いスポーティーなベンツの窓があいて、奥の運転席の女性から強い支持のアピールがありました。期日前投票で「入れてきた」と声をかけて下さる方も・・・。選挙事務所も連日たくさんの人が激励に来て下さっています。ただし、私は街頭に出ていることがほとんどなのでお会いできないのが残念。
神戸や淡路など遠方からも知人が応援にかけつけてくれてうれしい限りです。

posted by 平野 at 00:19| Comment(0) | 活動

2015年04月20日

芦屋市議選初日から、たくさんの激励をいただきました・・・二人の息子からも激励メール

芦屋市議選告示日の昨日、夜八時まで街頭からしっかりと政策を訴えさせていただきました。たくさんの方々から手を振るなど激励のパフォーマンスをいただきました。
午後1時からの出発式にも、たくさんの方々に激励にかけつけていただきましたが、その直前に、四月から東京勤務となった長男から以下の激励メールが届きました。
「何があるのか分からないのが選挙だとは思うけど、健康第一でラスト一週間頑張ってください。」

夜に街頭演説から事務所に帰ると、今度は、四月から新入社員研修で東京にいる次男から以下の激励メールも届きました。
「親父も選挙がんばって。無理はないようにしてください。」

予期していなかった二人の息子からのメールを何よりの励みに、勝利めざしてがんばりますます。

s-DVC00002.jpg
まもなく「出発式」が始まります


s-DVC00015.jpg
「出発式」のあと、事務所近くのハナミズキ通りを歩いて、支持を訴えました(私の一回目から三回目までの選挙事務長を務めた足立さんも神戸からかけつけ、ハンドスピーカーをかついでくれた)


どうぞご支援をぜひお広げいただいて、みなさんの代表として8期目をスタートさせてください。
今日二日目も、街頭演説で政策の訴えを中心に市内を回ります。よろしくお願いいします。
posted by 平野 at 05:00| Comment(0) | 活動

2015年04月19日

短期決戦の市議選、全力でがんばります

8期をめざす芦屋市議会議員選挙が始まりました。一週間という短い選挙戦ですが、政策をしっかり訴え、これまでの実績ととともに評価を仰ぎたいと思います。全力でがんばります。街頭ではぜひ応援のパフォーマンスを返してください。よろしくおねがいします。
posted by 平野 at 08:00| Comment(0) | 活動

2015年04月18日

いよいよ明日、市議選告示です

いよいよ、明日告示で市会議員選挙が始まります。27歳で初当選してから8期目の挑戦です。この間に街頭宣伝や訪問で多くのみなさんからご支援とと激励の声をいただきました。ご期待に応えられる成果を確実につくって、引き続き市議会で役割が果たせるよう全力でがんばります。お知り合いの方々にもぜひ、ご支援をお広げいただきますよう、よろしくお願いし申し上げます。
私のプロフィールや政策など、当ブログ右側のカテゴリーからぜひ覗いてみて下さい。
告示日の出発式は、19日(日)午後1時から事務所前で行います。ぜひお越しください。事務所は、呉川町12ー16 市立保健福祉センター・芦屋温泉の北側を東へ約50mです。(最寄りのバス停は、JR芦屋駅から「呉川町」下車すぐ、阪神芦屋、阪急芦屋川、JR芦屋から「中央公園前」下車数分)

 今日夕刻近くに、候補者カーを作製しました。日常的に使っている日本共産党芦屋市議団の宣伝カー(もちろん政務活動費ではなく、議員三人が費用を出し合って維持しています)の衣装替えです。事務所スタッフらとともに手作り感あふれる(?)仕上がりになりました。

s-候補者カー@.jpg

s-候補者カーA.jpg

posted by 平野 at 09:03| Comment(0) | 活動

2015年03月28日

勝利をよぶ春のつどいであいさつ

日本共産党の「地方選勝利をよぶ春のつどい」が芦屋市民センターで開かれ、次のようなごあいさつをしました。

●平野貞雄です。本日は、ご参加いただきありがとうございます。
いよいよ、選挙目前です。全力でがんばります。どうぞよろしくお願いします。

●今週初めまで開かれていた予算市議会は、あらためて芦屋市政と市議会の課題、問題点を浮き彫りにしました。
その典型的な問題は、市長や議員の給料・報酬引き上げです。市長が提案し、私たち共産党の3名を含む8名の反対を押し切って議会の多数派がこれを可決しました。

●市長はボーナスも入れた年収で15.4%のアップ、議員は同じく5.5%のアップです。市長については4年ごとに受け取る退職金も14%近い大幅アップでその額は2000万円を越えます。市長は、当該議案の審査で自分が財政を立て直したことを強調しました。だから、給料を上げてくれと言いたいのでしょうが、とんでもない話で、今でも年間二千万円近い給与を受け取っているのですから、上げる必要など全くないと言えるのではないでしょうか。

●市長は予算議会で「財政のトンネルは抜け出た」と言明しました。つまり、財政がよくなったと言うのですが、それなら、市民の暮らしを預かる市長として、まずなによりもしなければならなかったのは、市長就任以来「財政再建」のためだと言って「行政改革」で削り、切り捨ててきた市民生活にかかわる施策を元に戻すことではないですか。
一人親家庭や障害者世帯への福祉金は廃止されました。奨学金もバッサリと切られ、大学生向けの奨学金はなくなりました。敬老祝い金も節目ごとへと大幅に縮小されました。
これらの施策を戻すことが優先ではないですか。

●国民健康保険料は2年ごとに、介護保険料は3年ごとに引き上げられています。この引き下げこそすべきではありませんか。この二年間で、急いで返す必要など全くなく、計画通りに返していけばよいはずの市の借金返済に80億円も使い、新年度も87000万円を充てようとしているのですから、市民が財源を心配する必要はありません。
しかし、実際にはまったく逆で、新年度に介護保険の大幅な引き上げや、幼稚園・保育所の保育料引き上げが行なわれます。

●行政の役割は、地方自治法にもあるように住民福祉の増進、つまり市民生活を守り豊かにすることです。
行政の責任者たる市長として、市民の暮らしに思いを寄せる、目を向けることがもっとも大事なのです。ところが市長は、「格差拡大や貧困化の進む市民の生活実態を考慮したのか」との私の追及に「していない」とあっさりと認めました。
市民の暮らしより自分の給料が先と言うのですから、行政のあるべき姿、市長の姿勢が全く逆立ちしてしまっているのです。

●そんな市長の提案をうけた議会側は、どのような観点で審査に望むべきか、実は大事な視点が昨年制定した議会基本条例に明記してあるのです。
議員報酬に関して定めた第24条の2です。そこには「市民の生活実態を考慮し、検討する」とあります。
ところが議会の多数派、自民・保守会派のあしや未来の会や公明党などは、この肝心な点についてなんの問題意識もなく、さっさと可決してしまったのです。市民の多くが収入を減らしてきていることは、市の統計調査からも明らかです。
そんなときに市民の代表たる議員が自分の報酬を上げる、これまた本末転倒と言えるのではないでしょうか。

●しかも、引き上げに賛成した議員の多くは、予算議会の直前に「身を切る改革だ」と言って議員定数を削減しているのです。1名減で、節減額は950万円ほど、
今回の議員報酬引き上げで必要な額は1000万円余りですから、議員を減らした分だけ、自分たちの手取りをふやすという構図ではありませんか。
まったく身を切ることなどにはなっていないのです。あからさまなごまかしです。切られたのは、減らされた一議席分に反映されるはずだった市民の声、民意です。
●先日の神戸新聞に「民意の反映、細る『パイプ』」というタイトルで、議員定数削減の問題を書いていましたが、市民と市政のパイプが細るだけでなく、行政を監視する目が減れば、議会の機能が低下するのも必然です。定数削減は議会の自殺行為、自己否定に近いと言わねばなりません。

●そんなことを推し進め、自分の報酬は引き上げるという議員では、市政を良くすることなど期待できないと言うものではないでしょうか。
本物の議会改革をして、市民の声・願いがまっすぐに届く市議会にしなければなりません。そのために不可欠な日本共産党の三議席、私平野、そして森しずか、ひろせ久美子を何としても議会に送り出してください。
posted by 平野 at 23:00| Comment(0) | 活動