2015年10月23日

日本共産党市議団ニュース2015年秋号より…9月議会一般質問

保育料の負担軽減を/マンション防災支援の強化を
9月市議会では、保育料の問題、マンション防災、平和行政などについて一般質問でとりあげました。日本共産党芦屋市議団ニュース2015年秋号より、私の一般質問部分を転載します。

芦屋市は、この数年保育所保育料を据え置いています。しかし、保育料の最高額は3歳未満児で月額89000円と神戸市よりも15000円も高く、20年前の1.7倍にもなっています。保育料を決める所得階層区分が粗い(20年前は20段階、現在は11段階。全国的には30段階の市もある)ため、所得増による保育料増額の負担感が他市よりも大きくなっており、階層区分の細分化を求めました。また、国による「年少扶養控除」廃止で実質引き上げの世帯も出てきており改善を求めました。また、今年から始まった「小規模保育事業所」の保育料は、施設や人員配置の緩和(水準低下)もあることから西宮市などでは25%低く設定しているのに対して、芦屋市は認可保育所と同額です。質問ではその減額を提起しました。いずれも積極的な返答には至りませんでしたが、これからも求めて行きたいと思います。
防災では、市民の多くが居住するマンションの防災支援が先進市に比べて遅れており強化を求めました。
posted by 平野 at 00:00| Comment(0) | 活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。