2015年10月18日

非核平和都市宣言30周年を迎えました

芦屋市は、市議会が1985年10月15日に非核平和都市宣言を決議してから30周年になることから、市役所北広場に宣言の銘板をこのほど設置しました。市民団体や日本共産党もこの間にモニュメントの設置を求めてきました。宣言は、24の市民団体の請願と7000名を超える市民の署名が大きな力となって、二回の定例議会で審議の上、全会一致で可決されたものです。私も一期目の議員としてかかわり、当時二期目の議員だった山中現市長らとともに、宣言文の起草にあたりました。核弾頭の数は減ってきていますが1万数千発の脅威はなお巨大なものです。これからも宣言を風化させずに施策の充実を求めていきます。
posted by 平野 at 00:00| Comment(0) | 活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。