2015年09月18日

戦争法の強行採決に抗議の共同アピールを市議有志で出しました

今日の市議会本会議終了後、参院本会議での戦争法強行採決への反対と抵抗が国会内外で繰り広げられる中、市議会議員有志で参院特別委員会での強行採決に抗議する下記の共同アピールを発表しました。

安全保障法制関連法案の強行採決に抗議します
芦屋市議会議員有志の共同アピール


 国会で議論されていた安全保障法制関連法案が、衆議院に引き続き参議院でも、国民多数の反対をおしきって特別委員会で強行採決され、本会議においても今まさにされようとしています。違憲性の指摘もされる中で、最新の世論調査では国民の6割が法案に反対、8割が十分な説明がされていないと答えており、そのような中での強行採決は、主権者国民の意に反するという点で、日本社会に重大な汚点を残すものです。
 すでに憲法学者や歴代の元内閣法制局長官、「憲法の番人」と言われる最高裁判所の元判事が次々と法案の違憲性を厳しく批判する中、地方政治にも大きくかかわる問題として、先日は本市の山中健市長をはじめ、阪神間4市長も強行採決に反対し、国民世論を真摯に受け止めた判断を政府ならびに国会に求める声明を発表するなど、時間的経過とともに法案への国民の理解が深まるどころか、法案への批判は広がり続けてきました。
 そのような中で、数を頼みに強行採決を繰り返すことは、民主主義への挑戦とも言えるものであり、地方の場で政治に携わる者として、日本の将来に大きな懸念を持たざるを得ません。
 私たち芦屋市議会議員有志はここに、安全保障法制関連法案の強行採決に強く抗議し、地方の場から国民の意思にもとづく政治の実現へ引き続き全力を尽くす決意を表明するものです。

2015年9月18日
芦屋市議会議員 
いとうまい/中島かおり/長谷 基弘/平野 貞雄/ひろせ 久美子/前田 辰一/森 しずか/山田美智子
(50音順)
posted by 平野 at 22:00| Comment(0) | 活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。